'."\n";?> どもりの治し方3つのコツ 子供と大人の違い

どもり



どもりとは何か

どもりとは、いわゆるコミュニケーション障害の一つです。

吃音とも呼ばれ、「頭では分かっているのに、なかなか言いたい言葉が出てこない」というように、流暢に発音できず、話しづらいことが一般的な症状とされています。

発症しやすい時期は、大半が幼児期。3、4歳ごろに起きる場合がほとんどですが、ある程度成長した後や、大人になってからであっても、何らかの要因によって引き起こされるケースがあります。

また、「どもりと、知能的な異常に関連性はない」ことは調査結果によって明らかである一方、発症した後、小学生を迎える年ごろになっても自然に治癒せず、それでもなお、何の改善策や指導も行われないと悪化の一途をたどるといわれています。

発症した時期が幼い年齢の場合は、何とかきちんと声に出そうとして顔をしかめたり、足踏みや身体を動かしたりする「随伴症状」を伴う場合もあるようです。

逆に、はっきりとした意思がある年齢であれば、自分が発声しづらい言葉を避けたり、その話自体を回避しようとします。

ただし、どもりと一言で言っても症状には難発性、連発性、伸発性といった種類があるので、少しでも疑わしい場合はすぐに医師に相談してみましょう。

どもりの原因を知って克服しよう

どもりの治療はどんな方法?

子供のどもりを治す方法

私のどもり克服体験談

自宅で短期間でどもりを治す方法



あなたは、どもりが治って、誰とでも堂々と話せるようになりたいとおもいませんか?

或いは、あなたのお子様がどもりで悩んでいませんか?

残念ながら100%どもりを治療する方法は現時点では医学的には判明していません。

どもりは一人一人原因が違うので、決められたプログラムを、決められた通り実行しても全員に効果があるとは限りません。

しかし!どもりを治す方法は確実に存在します。

ことばの病院「白萩学園」元学園長の上西創造先生によるどもり克服法には、37のトレーニング方法で一人一人違うどもりの原因に合わせたトレーニングを提案しているので、自宅に居ながらにして、どもりを短期間で克服することが可能になりました。

ご自分がどもりで悩んでいる方も・・・
お子様がどもりで悩んでいる方も・・・

是非一度、上西創造先生の、どもり克服法を体験してみて下さい。

万が一効果が無ければ、完全返金保証付きですので安心です。

37のトレーニングで吃音(どもり)を徹底治療。幼児、成人の吃音(どもり)克服をお手伝いします



他にもどもりを治す方法はいろいろあるので、自分に合ったものを選びましょう。

自宅で吃音を根本から改善トレーニング

福音式 吃音(どもり)克服プログラム